岐阜県の伝統工芸品
分譲住宅を中津川市で探す
岐阜エリアで分譲住宅を展開する株式会社リーズ。家賃並み価格で豪華仕様が標準装備。
http://www.reas.co.jp/

さるぼぼ

岐阜県の伝統工芸品の人形にさるぼぼがあります。

さるぼぼはお猿とぼぼをかけている名前で、古くから岐阜県、飛騨地方に伝わる 可愛らしいお人形です。 ただの人形としてだけではなく御守の効果も持っています。 この地方のお婆さんが孫や子供のために作ったのが始まりとされている人形で、 今ではお土産としても人気の高いアイテムです。

続きを見る

関の刃物

岐阜県関市は刃物の町として700年以上もの歴史があります。

それほど有名ではないかもしれませんが、岐阜県関市は鎌倉時代から続く歴史と 伝統を持つ刃物の産地です。 戦国時代はきっと武士に刀を作っていたのでしょうが、現在では包丁やナイフ、 一般家庭で使われるようなキッチン用品など、身近なアイテムも生産しています。 はさみや髭剃り、爪きりといった日用品も多くありますので、その中からお土産を 選ぶことも簡単です。

続きを見る

美濃和紙・岐阜提灯

岐阜県は古くから和紙の産地としても知られています。

岐阜県の美濃和紙の歴史は古く、奈良時代に作成された戸籍用紙にも採用 されているほど昔からある和紙です。 現存する日本最古の紙であると言われており、今でも奈良県の正倉院に当時の 美濃和紙が丁寧に保管されています。

続きを見る

岐阜和傘・岐阜うちわ

岐阜県の紙っぽい伝統工芸品には和傘やうちわもあります。

岐阜和傘も岐阜県を代表する伝統工芸品のひとつで、岐阜市の加納地区を中心に 昔から生産されてきました。 岐阜和傘の始まりは1639年、明石から加納藩主としてやってきた 松平丹波守光重が地元から一緒に傘職人を連れて来たことといわれています。

続きを見る